あたりまえの幸せ





ダンナさまの入院ありで、バタバタしていていました





病室からの景色は最高で



朝日が一日の始まりを告げ



夕日と共に、月が一日の終わりを告げていく



そんな当たり前の毎日が



どれだけ幸せなことか



健康でいられることが



どれだけありがたいことか







自然の営みの中で



自然に生かされ



自然に癒され



自然に戻っていく



自然の一部であることに感謝する







同じ空も、同じ波も



二度と会えない



一期一会の世界だからこそ



今この瞬間を大切に



味わって、味わって・・・







季節が移り変わり



自然界では変わらない営みが繰り返され



ただ、そこにある当たり前の世界に



私たちがどれだけ気づいて



どれだけ感謝できるか



吹く風に、まばゆい光に



溢れんばかりの愛を感じて・・・
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する