お伊勢参り





友人と、念願の伊勢神宮



本来は「下宮で現実世界での執着を清めてから



内宮で、魂や意識の世界、日本全体の心の世界に



意識を向けて、発展と個人の成長を目指す



といったご参拝が望ましいそうだけれど



ツアーのため、最初に天照大神(あまてらすおおみかみ)



おまつりする内宮に到着すると



そこは・・「お正月?」っていうくらいの混雑ぶり



人波に流されながら、宇治橋を渡り



雑踏の中、一の鳥居、二の鳥居をくぐり抜け



御正宮では、人の熱気に押しつぶされながら



お参りを済ませる



「うーん、なんか違う・・・・」



いい気を感じるどころではなく、友人とガッカリしながら



「荒祭宮(あらまつりのみや)」へ寄ってみると



そこは、天照大神の荒御魂(あらみたま)⇒神が現われた状態



をおまつりする別宮で、何か特別な空気を感じ



そこで二人ともスッキリ



木漏れ日が、二人を祝福してくれた











参拝の後は、昔ながらの情緒漂う



おはらい町を、人とぶつかりながら散策。



とりあえずお腹も空いたので



江戸時代を再現した おかげ横丁



まねきねこダックもお出迎え



伊勢名物を物色



並んで買った「豚捨のコロッケ」



「若松屋のチーズ棒」



「赤福ぜんざい」 



どれも待った甲斐ありのお味



タイムアップとお腹もあっぷっぷということで



伊勢うどんと手こね寿司は次回見送り~







伊勢といえば 「赤福」



こちらも行列が途切れないお店。



お土産買うのに並ぶなんて



私の中ではありえないけど



赤福ファンですから・・ゲットです







賑やかな雑踏から離れ、やっと平穏な外宮へ。



正殿の御垣内(みかきうち)は古代の歴史を



感じさせる荘厳な雰囲気。



更に、土宮、風宮、多賀宮 と廻り



自然界のエネルギーを受け取る



今変わるべきタイミングで



いいメッセージをもらえた友人・・



縮こまった羽根を少しづつ広げて



もっと自由に羽ばたけるといいね!



私へのメッセージは



自分や神を信じる 「信念」



神社は日本人の心のふるさと



帰りたくなったら、いつでも帰れる場所



そしてまた 感謝を思い出す場所



時間がたってから、パワーがみなぎってくる



不思議な神社 「お伊勢さん」



人の殺気を感じない時期に、また訪れたい(笑)




スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する