タイ研修旅行①





名古屋セントレアから



5時間20分のフライトで



”微笑の国”タイに到着



去年はバリ島へ研修旅行



今年はタイへ研修旅行



何故かアジアに引き寄せられる



ありがたいことに



今回は全て会社におんぶにだっこ



+Cefleバンコク本店にて



毎日受けたいだけ



マッサージが受けられる



研修というよりご褒美旅行



がんばってきた甲斐があるもんだ



      



駐在している日本人スタッフが



空港までお出迎え



ホテルまで向かうタクシーの



車窓から眺める光景は



高層ビルが立ち並ぶ大都会



都会とは聞いていたけど



渋滞と人の多さは東京並







ホテル LA KRIS



新人研修に使うだけあって



店まで徒歩1分



セブンや日本のスーパー



屋台や日本料理屋など



昼も夜も楽しめる



絶好のロケーション



2ベッドルームの



コンドミニアムなので



毎ブレックファーストは



パンとサラダと



フルーツの盛り合わせ



マンゴー、マンゴスチン、甘くて旨い



ドラゴンフルーツは見た目



グロだけど、味はキウィみたい



King Of Sweets




毎日お世話になった+Cefle



5Fビルで、タイ人スタッフ30名



9割が日本人で、観光客や



駐在員が多いそう。



社長の意向で、施術中は



おしゃべりしないなど



きちんと教育されている。



値段は日本の半額以下



120分が主流



初日からいきなり



強揉みオー先生



タイハーバル120分を受ける



個室のベッドで、まずは全身



タイ古式マッサージ



おぉぉぉ・・痛い、イタイ、いた~い



これが本場のタイ古式?



手に汗握り、我慢我慢の90分



メディカルマッサージ



の域に達しているので



悪い所を集中ケア



しつこいほどの押圧攻撃の後は



熱々ハーバルボール攻撃



足、お腹、胸、肩、背中、お尻



容赦なく、体中を



熱球ハーバルが駈け巡る



終わった後は、あ~ら不思議!



体の内側からポカポカ



体スッキリ



おそるべし



ドラえもん大好きな



おちゃめなオー先生







さて夜は長いってことで



ナイトバザールへGO



日本語堪能な通訳のデュアンちゃん



の付き添いで、まずは腹ごしらえ



野菜炒め、チャーハン、焼きそば



からっぽのお腹に染み入る美味しさ



気分を出してココナッツジュース



まで飲んじゃっても



一人当たり1000円くらい



夜を賑わすバザールは



物欲を刺激してくる。



活気ある街、値段の安さ



旅の開放感も手伝って



すっかりタイの魅力にノックアウト



帰りは、タクシーの代わりに



三輪タクシー「TUK TUK」にトライ



派手なエンジン音と



3人の叫び声が



夜の街にかき消されていく・・



タイの夜風は、排気ガスと



屋台の匂いが混じりあって



とっておきのアジアンな夜を



演出してくれる







そして夜はまだまだ続く・・・



店の閉店0時まで待って



レセプションスタッフsanoさん



ご近所の屋台「Tuk Tuk」



日本が恋しいsanoさん



話相手がいてくれるだけで



嬉しい様子で、何杯もをお替わり



タイでは英語は殆ど通じない。



コミュニケーションがうまく



通じないのは相当ストレス



毎日休みもなく、夜中まで仕事



異国の地での苦労



たった5日間いただけでも



察することができてしまう



ココナッツを細く切って



すっぱ辛く味付けしたソムタム



彼のお気に入りらしい



一口食べたら、口中火達磨



眠らない街も熱気を帯びて



長い一日が余韻を残して



終わろうとしている


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する