初体験ダイビング



9月吉日、伊豆の黄金崎

体験ダイビングツアー

に、女3人くりだす。



天気は最高

水温23℃

透明度も6~8mと

まぁまぁ

いつも潮の香りだけど

遠州灘より優しい感じ



ほどよく日に焼け

笑顔が素敵な

ベテランインストラクター

長年蓄積された

体内海水濃度が

同じくらいのような感覚がした



簡単な説明と

海の中でトラブッった時の

対処法などの話を受け

いざ出動



が、サーフィンのように

板一枚でザブン・・

とはいかず

タンクやら、ウェイトベルト

やらいっぱい背負わされて

膝腰ガクガクしながら

海の中へ



まずはレギュレーター

だけでの呼吸の練習



水が入らないようにとか

はずれないようにとか

耳ぬきをするとか

頭の中は緊張でいっぱい



でも、いざ

海の中の世界に入り込むと

そんなことはすっかり

忘れて、魚の群れ

海の地形に釘付け。



水深5mほどの海中散歩では

ウツボ

ヤツデヒトデ

ソラスズメダイ

かさごやイシモチ

などの魚と対面

みんな生き生きしてる



命綱でもある

タンクを背負っていると

酸素のありがたみ

がわかる。



静寂な世界の中で

自分の呼吸だけが

しっかりと刻まれていると

呼吸のありがたみ

がわかる。



そしてそれは

海の鼓動

地球の鼓動

つながっている。

その一体感は、海の上とは

また違う。



いつも波を追いかけて

いる海が、こんなにも美しく

生命力に溢れている

神聖な聖域であることを

知ったら、ますます

いとおしさを

感ずにはいられない。



ダイビング免許取得の

Kちゃんは、既に

水深25m

世界を味わっていて

危険も伴うみたいだけれど

もっと深い世界も

知りたくなった。




30分の海中遊泳は

あまりにも短く

シュノーケリング

お魚ちゃんチェック



アオリイカが立ち泳ぎ

ちっちゃくって美白

高価なイカらしい







帰りは、近くの宇久須温泉にて

極楽三昧

腹ぺこだけど、潮水と

温泉成分が体内に

浸透して幸せな満腹中枢



本棚に沢山の本が

置いてあるバス停で

のんびりバス待ち

1時間に1本のバスも

3人貸切で、伊豆の山道を

の~んびりメローに走る。







修善寺温泉駅周辺で

やっとありつけた食事

桜えびのかき揚げは

結構ヘビーにどんと来たー!

体内海水の中で

えびが踊ってるー!



相変わらずのマイペースで

楽しんじゃう3人

インストラクターそっちのけで

フラフラ浮遊したり

写真撮影もわがまま撮影

Y中さん、スタッフさん

ありがとう



人に助けられ生きてます(笑



いろんな条件がクリアされて

経験できること。




今必要だから、経験させて

くれたこと。




チャンスを得て

自分で決めて

行動にうつす。



行動することでわかることって

いっぱいある。



自分の枠から

飛び出して

羽ばたく勇気



ほんの一歩前

に出るだけでいい。



もっと素晴らしい

未知なる世界

広がっているはず。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する