ロングボード第1戦 静波カップ





JPSA ロングボード第1戦静波カップ

大会2日目。



ポイントを鹿島に移し

R4まで終了したが

サイドショアもきつく

すね~膝のプアなコンディション。

ウェイティングで様子を見たものの

選手スタッフとのミーティングの結果

明日に延期となってしまった。







大会の様子は見れなかったが

ラッキーなことに、目の前に

宮内謙至、木下デヴィッド

ユージンティールのプロ選手が。

3人に囲まれての写真撮影もあり

ダブルラッキー

木下デヴィッドは背が高かった~。




ウェイティング中に

プロのライディング

を撮影



このスモールサイズでも

簡単にテイクオフして

素早くノーズへ向かう。

ハングファイブも鮮やか



パワーがない波でも

しっかりパワーゾーンをつかまえ

失速させない。







思うがままにボードを操れる。

コンペティターとしてのプロは

どんな状況でも、波を乗り

こなせなければいけない。



もっといいコンディションで

プロのライディングテクニック

を見てみたいものだ。







静波カップ2005は

ユージンティールが優勝。



6日はAM5:30から

鹿島Pにて、華麗な

ライディングの華を

咲かせてもらいたい

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する