FC2ブログ

いまここ道場接心・2019秋

houkouji2019.jpg

奥山方広寺での「いまここ道場接心


祥光寺水曜朝の座禅会に通うようになって


何年目、何回目かの参加になります。


始めの頃は、何か学ぼうとか何かを得よう


と思っていたのが、今は

「この場のエネルギーを楽しもう」


というスタンスに変わり、参加者の皆さんも


同じような志で臨んでいるので、とても心地いい


3日間を過ごすことができました。

houkouji2019-10.jpg
houkouji2019-11.jpg


初日から場の流れで、がんちゃんの創作ダンス


りょうまくんの空手、かおりんのジャワ舞踊・・


が次々と目の前に現れ、それぞれの波動を感じながら


「なりきること」 「無三昧」という


「禅」の基本を見せてくれました。

houkouji2019-1.jpg

坐禅で大切なことは丹田意識と呼吸


思考まみれの中で、ふと思考が止まった時


心身脱落して、眠りに入りそうな瞬間こそ


無三昧になりきっているのかもしれません。

houkouji2019-2.jpg

おっさまのヨガストレッチ&笑いヨガも日々進化。


身も心も解放しきった時


同じような境地にたどり着けるのでしょう。

houkouji2019-4.jpg

こっさんの法話で気になったことは


「歴史的生命として、いまここにいられる事に感謝し

無三昧になって心の源に至る」
 ということ。


毎回、いつもおっしゃっていることだけど


2日間の夜座、月光の下での坐禅は


そのことを、言葉言わずして己と知らされました。

houkouji2019-7.jpg

3日目のシェアリングでは、皆さんからそれぞれ


いろんな方向からの気づきをいただき


今回特に、心に響いた言葉・・それは

「何にても置き付けかへる手離れは
恋しき人にわかるると知れ」 
             ~利休百首~


という、ロシアで茶道を教えている

えりちゃんからのメッセージ。


≪何であっても、道具を置いて手から離す時は
恋しい人に別れを告げるように余情を持たせなさい≫



何と奥深い句でしょうか!!



同じ道と名のつく剣道

そして、カラテなどにも相通じる「丹田、呼吸


ずっと続けていることで、ふと自分でやっているのではなく


何かの力によって動かされているという感覚が芽生えてくる。


私がずっと続けているロミロミにしてもまたしかり!


結局、根底には同じものが流れているということ。

houkouji2019-8.jpg

食事も本当に美味しくて


味噌汁を口に含んだ瞬間、ほわ~っと身心温まり


一つ一つの食材と向き合って味わっていただくと


より有り難さが体中にしみわたります。


「ありがたいな~」
「おいしいな~」
「しあわせだな~」


これ以外何も言葉が出てきません!

houkouji2019-6.jpg

後醍醐天皇のお墓もお参りして

houkouji2019-9.jpg

houkouji2019-5.jpg

緑豊かで自然に恵まれた方広寺


あるがままの自然が、それぞれの命を


生ききることを教えてくれています。


今回も素晴らしい場を提供してくれて


素晴らしい仲間と出会えたことに感謝です。

houkouji2019-3.jpg

人人悉道器(にんにんことごとくどうきなり)

【自分を幸せにする器を磨けるのは自分だけ】


極楽(悟り)は、自分の中にある仏性を磨いていくこと。


坐禅や瞑想も、そのツールにはなりますが


日々の生活こそが一番大切で


まずは自分自身を大事にし


自分自身を大好きになることが


幸せを感じられる一番の近道ではないでしょうか。

スポンサーサイト



COMMENT 0

LEAVE A COMMENT