FC2ブログ

めんそーれ沖縄①

ほぼ20年ぶりに訪れることになった沖縄


30年来の親友2人と、沖縄在住の2人の友達に


会う予定も入れて、いつもながらプランナーのM子が


細かくスケジュール等々決めてくれて


沖縄の旅が始まった。

okinawaganga.jpg

格安のスカイマークでの空の旅も快適で


中部国際空港を出発して2時間ちょっと


11時10分に那覇空港に到着。


沖縄は今梅雨の真っ最中とはいえ


晴女トリプルパワーのおかげか


到着した時は青空でお出迎えしてくれた。



空港で待ち合わせの友達は


家族へ沖縄へ移り住ん6年が経ち


中学一年になった娘ちゃんと登場。


夏休み、浜松へ帰省の時会ってはいたけど


こっちでみんなで会うのはとっても新鮮。


無事に合流して、まずはスカイレンタカーへ。


たよりになるプランナーM子に運転をおまかせして

okinawaganga1.jpg

いざ、「ガンガラーの谷」へ!

okinawaganga16.jpg

数十万年前までは鍾乳洞だった場所ということで


入口にある「ケイズカフェ」はまさに洞窟の中


何万年も前、自然が造り出したこの造形が


今、目の前にあるのはなんとも不思議

okinawaganga4.jpg

ツアーガイドさんの説明を聞きながら


これから始まる1時間20分ほどの探検に、ワクワク♪

okinawaganga5.jpg

まずは亜熱帯森を抜けていくと、自然のままの


木や植物が生い茂り、どこかで見た風景だなと思う。


ハワイのマノアのようだけれど


アジア独特のまとわりついてくるような湿気と陽気さは


明らかにハワイと違う。

okinawaganga6.jpg

多く生息している巨大クワズイモ


食わずというくらいだから、食べられないそうだが


なかなかの存在感!

okinawaganga7.jpg

途中いくつかの大きなガジュマルに遭遇するも

okinawaganga8.jpg

この巨大ガジュマルには圧巻!!


木の精霊が宿っていそうな雰囲気。

okinawaganga9.jpg

一番奥の鍾乳洞へ。


ここで発掘された港川人は、2万年前に


確かにここで生活していたという形跡があり


これからの発掘調査で、日本人のルーツを


ひもとくヒントが見つかるかもしれない。


ここは、まだまだ宝の宝庫である。

okinawaganga10.jpg

続いて、世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)へ


琉球王朝時代には、国家的な祭事が行われてきたということで


今も祈りの場として、聖なる場として敬われている。

okinawaganga11.jpg

あまり知識もなく訪れたので、軽い気持ちで


この聖地に足を踏み入れてよかったのか


後から何だか申し訳ない気持ちになった。


昔の人達が、自然を崇拝し、祈り、感謝し


儀式のように当たり前のように行っていたこと。


全身全霊、神と一体化するような祈り。


今は、自然崇拝や祈りも感謝も


うすっぺらいものになっていないだろうか。

okinawaganga13.jpg

最後は、カフェくるくまで、タイ料理のディナー

okinawaganga21.jpg

テラス席もいい眺め


大事なところで雨降らず


カフェに着いた頃に雨がパラパラ・・・

okinawaganga14.jpg

okinawaganga15.jpg

ちょい辛カレー、パッタイなどを皆でシェアして


お腹もいっぱいになったところで


友達親子を送り、恩納村のホテルに戻る頃


最高の豪雨にやられた


雨降らないで」という3人の祈りが天に届いて


最後に「感謝を忘れるなよ」というメッセージを


沖縄の雨が豪快に落としていってくれた。

                                       つづく
スポンサーサイト



COMMENT 0

LEAVE A COMMENT