腹を決める!

ロミロミの手技を教えている時

「腹で押してください」 と

しつこいくらいに、何度も伝えています。

ロミロミをする上で大切なポイントは

姿勢と、丹田(おへその下)の意識です。

姿勢を整え、体幹をぶれないようにして

お腹でグッと押すだけで、力が腕に伝わって

自然と呼吸も整って、力むことなく楽に施術することができます。


気功でも、スポーツでも、瞑想でも

あらゆる場面で、お腹(丹田)って大切ですよね。

慣用句でも

腹を決める、腹をくくる、腹が据わる、腹を固める

腹を割る、腹が立つ、腹に納める
 など

腹に関する言葉がたくさんあります。

解剖学的には「丹田」というのは存在しないのですが

エネルギーを貯める器のようなもので

そこから、とてつもない元気の源が湧き出て

来るものだと思います。


先日の、祥光寺朝の座禅会でのお話で

方広寺の管長、大井際断老師

100歳を越えても、とてもお元気で

筆の書が年々力強くなっていて

「まさに丹田で書いている」 とおっしゃっていました。

腹でリードしながら、全身脱力

自然体であるからこそ、大宇宙の力

身体中にみなぎるのでしょうね。

丹田パワーは泉のごとく湧き出て来るんですね!


さてわたくし、腹を決めました!

あ~だこ~だと言い訳をして、先延ばしにしていたけれども

「今しかない!」 というタイミングがやってきて

その流れに乗ることにしました。

不安や恐れを手放して、抵抗することなく

全てをお任せすることにしました。

本当に「腹を決める」と、いろんなことが動き出します。

気がつくとあっという間に、流れに乗って沖へと漕ぎ出しています。

詳しく決まりましたら、またお知らせしますね!


あ~、腹が減ったぁぁ~

腹が減るって・・・しあわせだな~シミジミ

happylomi.jpg
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する