レイキ伝授

お互いの準備ができた時に、そのタイミングはやってきます。

レイキを始めて10年。

昨年、ティーチャーになる準備ができて

レイキティーチャーになり、誰かに伝えたいと思っていたら

昔の仕事仲間Mちゃんから依頼がきて

このタイミングで伝授することができました。

実は一緒に仕事はしたことないのに

海繋がりだったり不思議なご縁なんです。


私がレイキを習った10年前とは、時代変貌の速度も

人々の気づきのスピードもマッハです!

長い時間かかってやっと自分の中で繋がってきました。

宇宙のしくみ、人生の意味や目的・・・

本当はみんな知っていることなのに、思い出してはまた忘れ

また、何かのきっかけで思い出したり・・その繰り返し


レイキ創始者の臼井先生の結論は

「人生の最終目的は、安心立命を得ること」 

常に最高最善のことが起こっている中で

天にお任せして、常に穏やかな自分でいられること。

そこへ辿りつくための道具(手段)として、レイキを使えれば

こんなに心強いことはありません。


ファースト・ディグリーではアチューンメント儀式を4回行います。

Mちゃんの1回目はクラウンチャクラが開いて

2回目3回目はグラグラでしたが、グラウンディングのバランスがとれて

4回目は全体のエネルギーの流れが安定しました。

これでレイキの回路が開き、いつでもそこへアクセス可能!

そして永遠に使うことができます。

使えば使うほどパワーアップし、もっと繊細に

レイキのエネルギーを流せます。

21日間は浄化期間なので、その間に

外側から内側から、いろんな変化があると思います。

早速、今直面している課題に気づきがありました。

自我(エゴ)を手放して、宇宙と同調していけば

もっと楽に、ありのままの自分でいられるはず。

まずは自分自身をどんどん癒やす作業ですね。

教える側も学ばせていただきました。

同じ魂の存在よ、ありがとう!


mariko1.jpg
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する