レイキの歴史

霊気療法の創始者

臼井甕男(ウスイミカオ・1865-1926) 先生は

幼い頃から苦学しながら努力して勉学に励み

様々な人生経験をする中で 

「人生の目的はなにか?」 という大命題を

探究するようになりました。

「安心立命の境地にいかにして到達できるか」

という真の悟りを求めて、禅の道で3年修業し

それでも悟れないゆえに、ある日鞍馬山に登り

断食苦行を始めたところ、21日目にして突然

一代霊気を頭上に感じ、悟りが開けると同時に

霊気療法を得ることができました。

手を当てると、自分の体の傷も癒え

けが人や病人にも、絶大な効果を発揮することがわかりました。

それ以後、心身を病む人達を霊気療法で救済し

希望者には公開伝授を行って治療能力を与えられました。

当時の日本では霊気は海軍にも認知され

臼井先生と門下生の治療によって救われた人の数は

数十万人とも百万人以上とも言われています。

弟子の一人の海軍大佐であった林忠次郎氏(1879~1940)

治療所を持ちながら、地方を回って霊気の普及にも努めました。

また、同時期に林忠次郎氏から霊気を教わった

ハワイ在住の日系二世 高田ハワヨ女史(1900~1980)

自身の難病を霊気療法で克服したのをきっかけに

世界中にレイキを広めることになります。

欧米では1980年代の初頭から、ニューエイジ運動と結びついて

急速な広がりをみせ、あっという間に世界各国に広まります。

1980年代後半には、全く新しいヒーリングテクニックとして

日本に逆輸入してきました。

今や海外での霊気使用者は600万人以上と言われています。

米国やイギリスなどでは、レイキは有望な代替療法の一つとして

研究されていて、米国では、病院や施設でも、実際にレイキを

導入しているところもあります。

日本でのレイキ使用者は推定5万人以上と言われています。

伝統霊気と西洋式レイキが融合された形で

シンプルでわかりやすく、日常生活で気軽に活用できるように

なってきています。

白井先生の伝えたい霊気療法の基本は

「まず自分の心身を健康にし、平和で楽しい人生を送ること」

そして 「自分だけでなく、他に心身を病む人があれば

霊気療法でこれを癒やし、自他ともに幸福を増進しよう」


というところです。

ご自分の体験で得た悟り 「宇宙との一体化」

多くの人にも体感してもらい「人間本来の姿」 に気づいてもらう。

それが白井先生の使命でもあり、霊気の本質であると思います。


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する