Miracle Island Hawaii★最終日





ハワイの空気と気候とアロハの心



身体に浸透して、馴染んできたところで



ハワイともお別れ



そして、このハワイ日記書き上げるのに半年



未だにハワイタイム(笑)





最終日の朝は、通勤ラッシュを計算にいれて



7時半にホテルを出発



それぞれ重くなった荷物と思い出を乗せて



ホノルル空港へと向かう



ホノルル空港へ着いた時のワクワク感は



昔も今も変わらず、そしてまた



空港へ向かう時の寂しさは、回数を重ねるごとに



より大きくなっていく





ウェルカムレイの代わりに



行きも帰りもウェルカムレインボーの歓迎付



飛行機にかかる虹に乗って、日本へ飛んでいけそう。



10:55発の成田行きまで、時間はたっぷり



今回の旅のナビゲーター&コーディネイターの



なお父さん と記念撮影



お忍び旅行をスクープ! というタイトルで



”手動モザイク”のつもり?







ホノルル上空から眺める景色は



まるで映画のワンシーンのように



今までそこにいたハワイが、少しずつ遠ざかり



見えなくなるまで、虹が「マハロ~



手を振ってくれていた。





トランジットの成田空港まで、8.5時間



ランチは、がっつりカツカレーをチョイス!



日付変更線を超え、成田に着く前に



もう一度軽~いお食事



サービスもよく、快適なJALでのフライト





成田空港~名古屋セントレア



Ewingで西インター~自宅 まで



一日かけての長旅の疲れはあるけれど



ハワイのソーラー電池は相当長持ちするみたい




ハワイの空の色は、本当にマジカルで



どんなものをも美しくしてしまう



空に映し出されるヤシの木



こんなに表情豊かだなんて



ここにいなければ気づかなかったこと







ヒルトンハワイアンビレッジからの景色も



パシフィックモナークホテルからの景色も



目を閉じれば、すぐそこに飛んでいけそうなほど



鮮明に、心のアルバムに刻みこまれていて









そして、一緒に旅してくれた素敵な仲間のおかげで



心のアルバムに、愛と笑いと感動のページ



たくさんたくさ~ん、刻み込まれた!





Aloha は 



自然を崇拝する気持ち を



忘れないでいることを



Hawaiiの島が 教えてくれていた



癒しの島ハワイは 全てを受け入れてくれていた





全てに ありがとう



また逢おう ハワイ


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する