豊かさを受けとる





節分いう節目の良き日に



午後から伊勢でのセミナーに参加するため



ロミロミサロン・レイのゆうこさんと



午前中に伊勢市駅で待ち合わせをして



伊勢神宮の外宮からお参り



前日の降雪で、日陰は雪もチラホラ残り



キリっとした空気に見も心もひきしまる





外宮の御祭神は、豊受大御神(トヨノウケオオミカミ)



豊かさを受け取る神様で



自分の内側にある豊かさを拡大して



現実世界での執着を外宮で清めてから



内宮に向かうと、おかげをうまくいただけるとか。







注連縄で囲まれた 「三つ石」 は、祓いの儀式が



行われた場所だけあって、神聖な雰囲気が漂う。



時間もなく、土宮、風宮、多賀宮をスルーして



次なる内宮へとバスで移動







宇治橋を渡ると



現実の世界と心の世界の狭間だと言われる



五十鈴川が、心の中の鏡を映し出してくれているように



穏やかに横たわっている







内宮の御祭神は 天照大御神(アマテラスオオミカミ)



太陽も、心なしか満面の笑みで歓迎



自己の成長と発展



日本の全てと、世界中が栄えるように お祈りし







最後に、別宮の 「荒祭宮(あらまつりのみや)」 



正殿でお願いしたことへの応えと功徳を



こちらで受け取るのだとか。





おかげ横丁で、赤福とお茶でほっこり温まってから



タクシーで会場へ移動



時間ギリギリまで、神社や神様のことなどを



詳しく教えてくれた運転手さんに感謝





午後から約6時間のセッションでは



いろんな方からのメッセージを受け取り



様々な気づき怒涛のようにやってきて



自分の内側から沸いてくるものをひたすら感じ



ボディブローで効いてきたところで



先生からいただいた最後の一言で



カウンターパンチ を食らう



「自分癒し」 と 「愛」



そして 「全てを受け取る」 こと



今年の私のテーマをいただき



たくさんのことに気づき



一つづつ手放していくことで



本当の豊かさを手にいれ



みんなと分かち合いたいと願う。



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する