雨の久能山東照宮





静岡の聖地と言われる 久能山



駿河湾が一望できる素晴らしいロケーションに



平成22年に国宝に指定された



久能山東照宮がそびえ立っている。



ロープウェイでなく、1159段の階段にあえて挑戦!



雨で足元がすべりながらも



時折足をとめて眼下を見下ろすと



ただただ広い海に吸い込まれそうになる~







天下統一を成し遂げた徳川家康



晩年を静岡で過ごし、遺命がここに眠っている。



38歳の時の家康公の御手形



身長は155cmと小柄だったようだが



その小さい体の内に秘めた野望は



とてつもなく大きかったのだろう。



400年の悠久の歴史を今ここで体感!







楼門をくぐると・・・・







権現造、総漆塗、極彩色社殿がデーンと



豪華絢爛に立ちはだかり



彫刻や模様の細やかさや



あちこちに存在する徳川の家紋など



日本の歴史を刻んだ家康公の偉大さを、改めて体感



私の旧姓「小粥(おがい)」は、家康公にいただいた名字だと



伝えられているので、まっこと光栄に存じまする







エスパルスドリームプラザ内で



くさデカにも登場したという 漁師丼 を



新鮮の海の幸たっぷり、デザートまでついて



980円なり~



雨の東照宮もまた風情あれど



晴れの東照宮もまた別の顔なり




スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する