Read more

レイキの歴史

霊気療法の創始者臼井甕男(ウスイミカオ・1865-1926) 先生は幼い頃から苦学しながら努力して勉学に励み様々な人生経験をする中で 「人生の目的はなにか?」 という大命題を探究するようになりました。「安心立命の境地にいかにして到達できるか」という真の悟りを求めて、禅の道で3年修業しそれでも悟れないゆえに、ある日鞍馬山に登り断食苦行を始めたところ、21日目にして突然一代霊気を頭上に感じ、悟りが開けると同時に霊気...