FC2ブログ

CATEGORY: 命  1/1

父とのお別れ

7月は、主人の入院、手術からの父の容体悪化で、息つく暇もなくバタバタしておりましたが、8月2日に、父は88歳の生涯をとじました。今年の1月に自宅で転倒して大腿骨を骨折してから、寝たきり状態で透析をしながら、半年間よく頑張ってくれました。一時は、踵からの壊死が始まり最悪、切断!という話もあったのですが母が毎日、父に介食をしに通ってくれて栄養状態もよかったのか、途中から踵がすっかりきれいになりました。そして...

  •  0
  •  0

米寿のお祝い

入院中の父が88歳を迎え、病室でささやかに米寿のお祝いをすることができました。今年1月に大腿骨を骨折して、遠州病院から1ヶ月ほどで丸山病院に転院しましたがリハビリも殆どできない状態でしかも、感染性の高い菌に感染して個室に隔離され、一時は足の切断もありと言われていました。。。ところが最近になって、だいぶ状態がよくなりほぼ完治しているとのことと、透析もうまくいっている様子なので、とりあえずほっと一安心とい...

  •  0
  •  0

いろんな命のお話

5月1日から「令和」の元号に変わるという発表があり、新しい時代の到来に日本中が何かざわざわワクワクしている中出遅れた桜の花達もざわざわと咲きそろう浜松フラワーパークの夜桜なるものに初めて行ったら、冬に逆戻りの極寒の中ライトアップされた桜が、ごこえながらも力強くしっかりと咲いていた。色とりどりのチューリップがまるで観客のようにざわざわとステージで輝く桜を見守っている。実家の畑で、ざわざわと育ち始めたい...

  •  0
  •  0

父の骨折から学ぶこと

No image

義母の四十九日法要が終わり少しほっとしたと思ったら、今度は父が転んで骨折、という事態が発生。週3日の透析へ行く日の朝母がちょっと目を離したすきに玄関の辺りでふらついて、どすんとしりもちをついて、大腿骨を骨折。そのまま救急車で病院へ運ばれました。年をとるとありがちな骨折・・・87歳の父も最近はよく転んでいたようですが「ついに来たか」という感じでした。どんなに高齢でも、手術はしなくてはいけないということ...

  •  0
  •  0

義母の旅立ち

義母が、穏やかに91歳の生涯を終えました。7日の夜に病院から脈が弱く、呼吸も浅くなっているとの連絡があり主人と病室にかけつけると母はいつもの様子で呼吸をしていました。姉夫婦と4人で、母のそばに付き添っていると看護師さんが「ご家族がいらしてから安心したのか落ち着いてきましたね。このまますーっと逝かれる方もあれば持ち直す方もいらっしゃいます」 とのことでしばらく様子を見ることにして姉夫婦が仮眠をとり、私...

  •  0
  •  0