FC2ブログ

義母の旅立ち

義母が、穏やかに91歳の生涯を終えました。


7日の夜に病院から


脈が弱く、呼吸も浅くなっているとの連絡があり


主人と病室にかけつけると


母はいつもの様子で呼吸をしていました。


姉夫婦と4人で、母のそばに付き添っていると


看護師さんが

「ご家族がいらしてから
安心したのか落ち着いてきましたね。
このまますーっと逝かれる方もあれば
持ち直す方もいらっしゃいます」 とのことで


しばらく様子を見ることにして


姉夫婦が仮眠をとり、私たち夫婦が母のそばで


呼吸によって上下する布団を確認しながら


うとうとしていたら、次第に呼吸が更に浅なり


少しずつ不規則になっているのを感じました。


すぐに姉夫婦と看護師さんを呼んで


みんなが見守る中、最期の呼吸の前に


何か言いたそうに口がかすかに動き


スーッと消えいるように息を引きとりました。


「最期にありがとうって言いたかったのかね」


みんなが納得して、その瞬間を看取り


そして、看護師さんが

「呼吸は止まりましたが、心臓はまだ動いていて
耳は聞こえているから、何か声をかけてあげてください。」

と言うので


皆で泣きながら 「ありがとう、ありがとう」 と


本当に感謝の言葉しかありませんでした。


ほぼひと月半も飲まず食わず、痩せこけて


最期は別人のようになってしまいましたが


本当に最期まで頑張って生き抜いてくれたと思います。


親族が集まって、ひととおりの葬儀の儀式を


執り行い、穏やかに送れることができました。



ここ数年、祥光寺の向和尚のもと


禅と関わり、読経などを通じて


「生きる」という根源のテーマを学んでいますが


檀家である、大養院の和尚も、同じ臨済宗方広寺派で


いまここ道場接心の時に、いつも御祈祷をされていた方でした。


すごく力のある魂のこもった声だと思っていたので


すぐにわかしましたが。。。これもすごいご縁ですね!


本当に素晴らしいお経をあげてくださり


最期までしっかりと見届けてくださりました。




葬儀は、死者の冥福を祈って故人の霊を慰め


遺族の悲しみを癒やすためのものであるけれど


遺された人々の絆を再確認する場でもあり


「いのち」の大切さを教えてくれる場でもあります。


死というものを受け入れて、ご縁に感謝しながら


いまあるいのちを大切に生きていく


そして、自らの心を癒やし清めていくことが


供養にも繋がっていくということですね。



とてもいいお話をしてくれて


義母のことを 「失礼かもしれませんが

とても可愛らしいおばあちゃんです」


その人となりのイメージと名前から


「玉陽恵温」 という素晴らしい戒名をいただきました。


ほっこりと落ち着いてニコニコ笑っている母が


目に浮かびます。


たくさんの愛をありがとうございました!



見えなくても お花を供えたい

食べなくても 美味を供えたい

聞こえなくても 話したい

みえざるものへの真心は美しい


sougi.jpg



前の記事 ⇒こちらから
スポンサーサイト

最後まで輝く命

日々、書きたいことはいっぱいあるのに


あっという間に12月になってしまいました。


今、直面している状況がとても辛く


余裕がない状態です。



義母(91歳)が9月頃から、便が出なくなり


病院で簡単に検査したら腫瘍があることがわかり


かと言って、精密検査や手術をするのは年齢的に厳しいと


いうことで、様子をみていたのですが


ついに食べられなくなり、10月末に入院することに。


おそらく癌であろうとのことでしたが、治療も投薬もせず


このまま見守るということになったのですが


絶食状態が続き、みるみるやせ細っていきました。


2週間が過ぎ、3週間が過ぎ


病院側でも、痛みも苦しみもないように


このまま穏やかに見守っていくという選択でしたが


飲まず食わず、寝たきりの状況で、やせ細り


弱っていく義母を見るのはとても辛いものがあります。


肉親の主人や姉達はもっと辛いと思いますが。。。



脈も弱って、もうそろそろかも・・と何度か覚悟を決めても


翌日には、少し持ち直して目をぱっちり開けたり


少ししゃべったり、良い状態の時もあったりしましたが


すでに入院して1ヶ月も過ぎ、あまり意識もなくなり


息をしているだけの状態になってきています。



死へのカウントダウンといえ、生命力というのは


すごいなと思わずにいられません。


身体の中では、いろんな機能のスイッチがオフになっていって


最後のスイッチが切れる時まで、一生懸命生きようとしています。


本人は早く楽になりたいと願っているのかもしれませんが


与えられた命の灯を最後まで照らして


天寿をまっとうしてほしいと思います。



4人の子供を一人で立派に育てあげ


いつも明るい笑顔でやさしく接してくれたお義母さんには


感謝の気持ちしかありません!



頑張らずに、自然体で、そして穏やかに・・

愛と夢の「バルーンの森へようこそ」

11月は、イベント、旅が続いて


充実、充電し過ぎたので


少しつづアウトプットしていきます


まずは、11月3日(文化の日)のイベント

baloonmori.jpg

カレー処ヤサカ さん にて


ここのカレーがまた美味しい!

baloonmori9.jpg


ベリーダンサーmiho × バルーンアーチストhappy


2人がずーっと温めてきた想いが実現した


バルーンの森へようこそ


大人から子供まで楽しめる体験型のイベントで


ステージには色とりどりの風船がいっぱい


なんだかワクワクしちゃいます♪



ショーが始まる前、ガーデンでは


花川町にある 55BREAD さんの


パンの出張販売があり、あっという間に完売!


そのお隣では、子供に人気の駄菓子屋さん


大人もなつかし~~~

baloonmori1.jpg

なるしまなるしのボディペイント ↓


まずは、おっさまの頭に試し書き


書きやすそうです(笑)

baloonmori2.jpg

インスピレーションで、パパッと


あっという間に完成!

baloonmori8.jpg


イメージ通り、笑って元気になれそう


なるしワールドおみごと!!!

baloonmori3.jpg

Loconutsのブースでは、ワンコインで


ハンドマッサージ&マナ・カード


ハンドはiちゃんにほぼおまかせして
(頑張ってくれてサンキュー!)


マナ・カードは初めての方がほとんどで


引いたカードに納得したり


自分でも気づかないところに気づかされたり


「スッキリした」
「楽になった」

との声もいただきました。


ハワイのロミロミ
てのひらから伝わる愛


心と身体がふっとゆるんで


いい時間をシェアさせてもらえました。

baloonmori4.jpg

baloonmori6.jpg

ショータイムでは、ベリーダンサーmihoちゃんの


華麗で、妖艶で、しなやかで、可憐なダンスで


周りを笑顔に、そしてエナジーを与えてくれて

baloonmori5.jpg

バルーンアーチストhappy さんは


可愛らしいクラウン姿で


風船に命を吹き込んでくれました。

baloonmori7.jpg

みんなで、犬のバルーンを作ったり


みんなでベリーダンスレッスンしたり


その場のエネルギーをみんなで楽しくシェアできたから


みんなとってもハッピーな気分に♪



このビッグバルーンがはじけた時


小さいバルーンがいっぱい現れて


愛と夢が空から舞い降りてきた。


みんなの愛と夢が詰まったバルーンに住んでいる私たち


安心していんだよ~


みんなひとつだから


みんな繋がってるから・・・


愛のダンスと笑顔で教えてくれたね!


baloonmori0.jpg


ありがとう、の一言じゃ足りない


言葉を超えた、愛と感謝をみんなに

バルーンの森へようこそ

baloon1.jpg


ベリーダンサーmiho
     ×
バルーンアーティストhappy



夢が舞ってはじけるコラボ企画


バルーンの森へようこそ



11月3日(土)
開場 16:00
開演 18:00


カレー処ヤサカ にて



子供から大人まで楽しめる

わくわく、どきどきの体験型イベントです。





Hawaiiian healing Loconuts
出店します。


●ハンドマッサージ
●マナ・カード


ワンコイン(¥500)にて体験できます。


カレ処ヤサカ HP ⇒こちらから





Hawaiian Healing Loconuts


ホームページ↓こちらから
http://loconuts33.com/


●メニュー一部変更しました  ⇒こちらから

●おすすめメニュー
フェイシャル&ハーフロミロミ  60分 ¥6.000


お問い合わせは↓↓↓↓

(TEL) 080-2665-8653

(Mobile Mail) loconuts33-aloha@docomo.ne.jp

(PC Mail) makilomilomi@ny.tokai.or.jp

台風24号の爪痕

最近、ロミロミの記事があまりないですが


ぼちぼち仕事はやっていますのでご安心を(笑)


今回の台風24号の爪痕は予想以上の大ダメージで


静岡県内では、最大71万戸の大規模停電が起こりました。


4日たって、やっと全面復旧の見通しということで


ちょっと一安心ですが、当初は信号機があちこちで


止まっていたり、カーポートが飛んだり、倒木があったり


さまざまな被害が出ているようでした。


幸いうちは停電もなかったのですが、とにかく


停電が長引くというのは大変なことです。


テレビがつかない、パソコンも使えない


携帯の充電がなくなる、お風呂も入れない


冷蔵庫の中身が心配・・・などなど


いかに私たちが日々の生活、電気に頼っているか


いざなくなった時に、その有り難さに気づくのですね。



いつ復旧するかわからず、友達のスマホの充電が切れそう


というので、うちで充電してもらって、お風呂にも


入ってもらってスッキリさっぱり!


「あ~ほんとに気持ちよかった~」

「あ~ありがたいね~」


こちらとしても、少しでもお役にたててハッピー


この助け合いの精神


信号機が止まっていても、自然に譲りあっている


この譲り合いの精神


見習うべき大和魂のDNAのおかげだと思います。




2009年に、初めてインドへ旅行した時


その文化の違いにカルチャーショックを受けました。


南インドのクヌールというところで


インド人のヨガの先生と、その奥さま(日本人)


のお家に滞在させてもらったのですが


やっていることがまるで昔の日本のようでした。


肉、魚は一切とらないベジタリアンなので


庭でとれた野菜や果物を中心に


近くで飼っている牛の、搾りたての牛乳を運んでもらって


奥さんが豆腐、豆乳、おからなどを


ささっと作るわけです。


レンジは使わないので、蒸し器で蒸したり


調理法はとってもシンプルで美味しい!


テレビはほとんどつけずに、食事の時は


まずお祈りをして、無言で食べ物と向き合うのです。


もちろん、ヨガの時も、何かをしている時も余分な音はない。


普段、テレビを観ながら食事するのが当たり前だったので


この音のない生活が、最初は苦痛でした。


でも、耳をすませば、自然の音が聞こえてくるし


本能的な人間のセンサーってやつが、少しづつ


目覚めてくるっていう感じでした。


食生活も、肉魚はなく主に豆類からたんぱく質を摂取する


わけですが、インドのスパイスが優れもので


毎日何かしらカレーなのです。


インドのスパイスは漢方と言われているくらいなので


毎日、身体にいいものをとっていると


確かに五感が研ぎ澄まされてくるのです。


停電は当たり前、お湯もあまり出ない


トイレットペーパーもない


日本に比べたら不便だけれど


その中には見えない豊かさがありました。



あまりにも便利過ぎる生活だからこそ


電気が使えなくなったことで


家族と向き合うことの大切さを感じたり


普段の当たり前に感謝できたり


今回は、様々な学びがあったのではないでしょうか。


taifu.jpg


穏やかな海もあれば

荒れ狂う海もある

どちらも同じ海だけれど

海によって私たちは生かされている

その恩恵を忘れないように・・・



明日から、奥山方広寺で3日間の接心です。


皆と禅道を共にし、同じ空間をシェアして


静寂の中にある真実を味わってこようと思います。




●以前書いたインド旅行記
読み直してみたらおもしろい
時間があればどうぞ(^.^)/

http://loconuts.blog.fc2.com/blog-entry-623.html